かたふち村ロゴ
お問合せ・資料請求
 
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
平成26年11月9日に消防訓練が実施されました。
 投稿日時: 2014-11-18 (403 ヒット)

平成26年11月9日かたふち村にて消防訓練が実施されました。

今回の訓練は地元である消防団第7分団が中心となって、長崎市中央地区の第5分団から第11分団までの合計7分団での合同訓練が行なわれました。

 

 



 

 防災訓練実施報告

 午前9時30分かたふち村新館3階風呂場から出火→発見した職員が非常ベル鳴動→連動し自動で消防署へ通報→自衛消防隊による初期消火→避難誘導→消防局から消防団へ無線連絡・出動→9時45分放水開始。

 

 今回の水源(消火用水)は前田園様の防火水槽とお城の谷付近の防火水槽2箇所を水源とし、上り坂を各分団員がホースを持って一気に駆け上がり、約500m程ホースを連結しての放水訓練でした。  日頃から施設内で防火・防災の啓蒙活動や防災訓練を実施していますが、万が一火災が発生した際は、消防署や地域の消防団、自治会等のご協力とご理解が無ければ安全かつ迅速にご利用者の避難・誘導を行うことが出来ません。昨年の合同訓練に続き、今回もこの様な訓練が実施できたことは、ご利用者はもとよりご家族、また現場で働いている職員に大きな安心感をいただいています。

 

 消防団員が出動する機会が無い事を願い、また有事の際、皆様の安全を心から祈念申し上げます。