委託業務職員の新型コロナウィルス感染者の発生について

                           令和4年1月30日
各 位
                           社会福祉法人日輪会
                            理事長 片岡義勝

 

     委託業務職員の新型コロナウイルス感染者の発生について

 

 

1月30日(日)当法人経営施設ヴィラージュかたふち(特別養護老人ホームかたふち村とは別所在地)の委託業務職員から、新型コロナウイルス感染症の陽性者1名が確認されましたので、下記のとおりご報告いたします。

 

 

 

1 当該職員の所属部署

  厨房内調理スタッフ(ヴィラージュかたふち(ショートステイ))

 

2 濃厚接触者等の特定について
  長崎市保健所より調査が行われ事業所内での濃厚接触者等は特定されておりません

 

 

3 施設の消毒
  厨房内及び当該必要箇所の消毒は終えています

 

 

4 施設の休業・業務の継続
  当該職員は施設内の厨房以外に出ることはなく、利用者様及び当施設職員と直接的な接触が無いことや施設の共有部分の使用等も無いことから、当該事業所業務を継続しています。

 

 

5 食事の提供
   当該職員と同じ厨房で勤務していた調理スタッフ等については濃厚接触者に当たらないとの保健所の判断ですが念のために経過観察を行っており復職の際には抗原検査を行います。食事の提供につきましては現在問題なく提供できております。


  (厚生労働省より食品を介しての感染事例は報告されておりません。引き続き適切な衛生管理の安全な食の提供に努めてまいります)

 

 

今後も状況に変化が生じましたら、当ホームページで情報公開を行ってまいります。

 


引き続き長崎市保健所・福祉部のご助言を受け、利用者様、職員の健康状態の経過を行うとともに感染拡大防止に向けて適切に対応してまいります。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。