かたふち村ロゴ
お問合せ・資料請求
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
メールフォーム
全国大会 最優秀賞W受賞!
 投稿日時: 2018-12-30 (172 ヒット)

 最優秀W受賞 頂きました!!

 

10月30、31日の2日間、「平成30年度全国老人福祉施設研究会議(北海道会議)」が北海道札幌市内で開催されました。



 

九州代表として、かたふち村より2組が実践者研究発表を行ないました。

 

発表者は

特別養護老人ホームから管理栄養士の山田由貴(写真左)と共同発表者としてアドバイザーの中道聖子。

 

老人デイサービスセンターから介護職員の中尾真紀(写真右)と共同発表者として生活相談員の鳥居雅子。

 

2組がそれぞれの分散会で発表させていただきました。

 

*写真は中尾が発表した第1分科会分散会②の会場です。

 

計12の会場で146の実践研究発表の中、なんと!

参加した2組ともそれぞれの分散会で最優秀賞を受賞させて頂きました。

 

第1分科会 伴走型介護の追究ーQOL向上に質するケアの実践ー

分散会② 自立支援の実践①において

デイサービスセンターの発表「支え合う自立支援への歩み」

 

同じく

第1分科会 伴走型介護の追究ーQOL向上に質するケアの実践ー

分散会④ 看取り介護の実践において

特別養護老人ホームの発表「認知症の人が最期までおいしく食べるために~多職種で取り組むアセスメントのポイント~」

 

発表内容に関しましては随時、全国老人福祉施設協議会のホームページに掲載されるとの事。是非ご覧ください!

 

発表者だけではなく、共に取り組んできた施設の職員、ご利用者の皆様、ご家族の皆様、特別養護老人ホームの発表に関しましては、ご協力頂いた角町歯科医院の皆様全員で頂いた賞だと思います。

 

ありがとうございました!

これからも日々精進してまいります!